アパート建築の流れ

アパートを建てるには、住所を管轄する役所への建築許可や届け出が必要になります。
アパート建築までの流れですが、建築業者が決まったら土地の測量を行います。
測量をして、建築するための設計図を起こします。


アパート建築に必要な書類は、建築業者との契約書や役所に提出する書類などがありますが、住宅ローンを組むために銀行に融資を受けるための書類の提出が必要になります。
銀行から融資を受けなければアパート建築できなくなりますから、早めに申し込みましょう。


アパート建築に必要な書類は、住所を管轄する役所に「建築物の新築、改築もしくは用途の変更又は第一種特定工作物の新設許可申請書」を提出し、「住民票」や建築物件に関する「建築物の概要書」や「建築工事届」、「建築物平面図・建築物立面図」、「付近の見取り図」、「公図の写し」、「敷地現況図及び配置図」などの書類を揃えます。


また、銀行に提出しなければならない書類ですが、住宅ローンを組む場合には「住宅ローン借入申込書」や「本人確認書類」を提出します。
収入を証明するための「源泉徴収票」や「確定申告書」、「工事請負契約書」をはじめとして、アパート建築を確認するための資料が必要になります。


銀行との融資が決まって建築許可がおりれば、建築業者との契約となります。
建築業者と建築プランを練って、アパートの引渡し日が決まります。
アパートが建ったら、神主さんを呼んで「地鎮祭」が行われます。


<特集>
アパート建築の業者選びのポイントや注意点なども紹介している業者の一括比較サイトです・・・アパート建築 比較